埼玉県さいたま市周辺に設立予定
048-507-1009
info@dekideki.jp

子どもに寄り添う発達支援

一人ひとりの個性を支えたい

ひとつのできたは小さなできたの集合体

デキデキは「小さなできた」を目標にした個別指導室です

文字や数字の理解が不得意なお子さん、言葉の発達がゆっくりなお子さん、実は本人が最も困っているかもしれません。発達障害等を抱えているお子さんは、自分の特性が周囲に理解されないだけでなく、適切でない関わりを受けて、生きづらさを感じているかもしれません。 
子どもは細かな配慮を得たり、適した環境に変われば、持っている力を沢山発揮できます。お子さんの発達を心配されている方、日々の積み重ねを一緒に始めてみませんか。

お子さんへの発達支援を希望される方

デキデキの個別指導とは

日常で使う動作を身に付けたい
数や算数、国語の基礎を学びたい 
コミュニケーションスキルを高めたい 
気になる行為や不適応な行動を減らしたい

ご利用されるお子さん一人ひとりの発達に合わせて、個別指導を提供します。 主な対象は2~9歳の児童ですが、サービスが合うようでしたら、どなたでもご利用可能です。 詳細は指導内容でお伝えします。

指導内容へ
視覚化した足し算と引き算の指導 微細運動による指先の操作
二語文の言葉指導

デキデキの特徴

デキデキこども発達支援の特徴を説明させていただきます

完全個別での対応

基礎を身に付けるのに適した環境は、自分専用の支援者が確保されていることです。お子さんの視点に立った場合、対象者が1人の状況は非常に理解しやすく、見本・模倣だけでなく、認められる等の肯定感も伝わりやすいです。またスモールステップの理論は、子ども自身のペースで取り組める時間が確保されてこそ実現可能です。

心理師と保育士の資格証明書

専門性の高い支援

支援者は【心理師と保育士】2つの国家資格保有者で、幼児教育・発達支援・児童福祉施設管理者を含めて15年程の臨床経験があります。支援をおこなう際の基本は、お子さんの「今」を知ることであり、知るには保護者さんからの情報に加え、実際の行動観察が大切です。更にどんな認知が働いているかを考慮し、深い把握に繋げます。

個別支援のアセスメントシート

一人ひとりに沿ったプラン

お子さんの状況や様子を包括的に確認した上で、計画書を作成します。ご利用開始後も必要に応じて変更いたします。 習得したい内容をやみくもに取り組むことは、子どもにとって負担です。人間の行動は「後天的」に獲得されたものが大半で、そこには発達の手順があります。プランの中に細分化を含めて取り入れます。

デキデキのサービス一覧

お子さんへの発達支援に関して私達が提供できるサービスです

お子さんへ個別指導を希望する 
ご家庭で個別指導を利用したい 
発達に関する悩みごとを相談したい 
幼稚園や保育所等での訪問支援を受けたい

サービス一覧へ

知っておきたい情報

幼稚園や保育所等の概要、通級・支援学級・支援学校の違いについて、中学卒業後の進路状況、不登校等の学校問題、障害児支援や手当等に関する情報カテゴリーです。

教育・制度について

年齢別発達の目安、発達障害等に該当する子供達の特徴、子供への接し方に関する情報カテゴリーです。

子どもの発達について
DEKIDEKI(デキデキ)について

【デキデキ】の紹介

デキデキの「理念」や「名称由来」を紹介させていただきます。

デキデキの紹介へ
はじめに目を引く