埼玉県さいたま市周辺に設立予定
048-507-1009
info@dekideki.jp

知的障害と発達障害の違い 知的能力の個人差を知る

知的障害の子どもは、特性に応じた支援を得ながら発達します

一般には知的障害の名称が知られており、以前は精神遅滞とも呼ばれていましたが、近年は【知的発達症】の名称も広がりをみせています。症状の多くは幼児期に気付かれ、障害程度は知能検査等の数値だけでは決まらず、自立度や社会適応の状況等を知ることで総合的に判断されます。彼らは必要な支援を受けるだけでなく、本人に適した教育から実用的な生活動作を習得し、理解ができる範囲で社会性を発揮します。

1. 知的障害と発達障害の違い

知的障害は症状で、発達障害は総称

国際的な疾病分類において、知的障害(知的発達症)は、発達期に認められる脳機能を要因とした行動や認知機能の不全を指す「神経発達症群」に分類されています。尚、神経発達症群には、自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、発達性学習症、発達性協調運動症等も含まれています。

日本の発達障害者支援法では、自閉症やアスペルガー症候群その他の広汎性発達障害(現在の自閉スペクトラム症)、注意欠陥多動性障害、又は学習障害等を「発達障害」と定義しています。知的障害が含まれていない背景として、この法律が定められる以前に、知的障害者の福祉向上を目的とした知的障害者福祉法が制定されていたからです。参考として知的障害者福祉法は1960年に、発達障害者支援法は2004年に定められています。

発達障害や神経発達症群は特定のグループを表す総称であり、知的障害、自閉スペクトラム症等は各々の状態を示す症状です。

症状の併存について

知的障害を抱える方の中に、自閉スペクトラム症を併存している場合があります。軽度や中等度の知的障害に該当しつつも、非言語コミュニケーション(表情理解等)に顕著な不得意さを見せたり、対人関係の築きや発展に興味を示さないケースがあります。当事者を理解するには、知的能力がどの程度かを探るだけでなく、コミュニケーションや対人関係の傾向を把握するべきです。

2. 知的障害の生活動作

箸を使えたり、フォークのみだったりと状態は異なる。でも一人で食べられる

幼児期に着替えを習得する場合もあれば、学齢期を経て身に付ける児童がいる

排泄の自立度は個人で違い、声掛けや介助を必要とする子供がいる

重度の児童でも、大人のペースに合わせて歩けるようになる

食事に関しては、自分一人で食べられるようになるケースが多く、動作は幼児期から学齢期にかけて習得します。使用する食具は、扱いやすいフォークやスプーンのみの場合もあれば、箸の操作を身に付ける子供もいます。食べこぼし等は、自分で気付いて対応する児童もいますが、どう対応するべきかの判断が難しいお子さんもいます。

脱ぐ動作は、比較的どの児童でも習得しやすいです。着る動作は、概ねの子供達が膝までのズボン上げや、袖通しをおこなえます。ボタンやファスナー類は、個々の知的能力だけでなく、練習頻度に応じて習得状態が異なります。重度のお子さん達は、衣類の前後理解、靴下履きの踵合わせ、ズボン内への下着入れ込み等が難しく、声掛けを受けて整えたり、介助を得ています。

重度知的障害の排尿行為は、幼児期だけでなく学齢期を含めて身に付けていきます。排便も同様で、適切に拭く処理ができないケースでは、介助を受けています。その他、排泄意思の確認や時間誘導を必要とするお子さんがいます。

移動について、危険認知が乏しい幼児期は、他者に手を繋がれて歩くケースが多いです。学齢期になると、歩くペースの安定や声掛けに反応できる為、一人歩行の練習を始められます。その後は訓練次第で、面識の少ない他者とも行動が取れるようになります。

軽度知的障害の子供は、幼児期の段階で生活動作に遅れを示さないかもしれません。ただし、少し不器用であったり、動作習得の歩みがゆっくりしている可能性はあります。

3. 知的障害のコミュニケーション

会話は十分に成立するが、抽象的な話はちょっと難しい

発信できる単語は限られている。でも意思表示はおこなえる

声の抑揚・大きさ、表情やジャスチャー、視覚的手掛かりで関わりを持てる

軽度知的障害のお子さんは、自分の知っている言葉を使用して会話が楽しめます。語彙数も学校等での学びや関心がある内容を中心に増え、冗談の理解もみられます。だだし「どんな」や「なぜ」を含んだ問いかけに対しては、曖昧な設問の為に受け答えが不得意な傾向です。

中等度の子供達は、日常生活で頻繁に使用する言葉を理解していきます。発語を持つ児童は、挨拶や欲求等の言葉を覚えたり、テレビ等で見聞きしたワードを発したり、身近な養育者の言葉を真似たりします。大人側が豊かな表現をすることで、自分に向けられた言葉の文脈や意図理解もみせます。

言語理解が難しい児童は、物を提示されたり、対象物を指差しで示されると、指示が伝わりやすい傾向です。子供からの意思表示を読み解く際は、表情から「喜び」「怒り」「悲しみ」を、地団駄等の動作から「怒り」「欲求」の推測ができます。表情理解がある児童に是非(良いこと悪いこと)を伝える際は、大人側が表情を交えて関わると理解しやすくなります。

4. 遊び・余暇について

楽しいと感じることの幅は、子供の持つ知的能力で異なる

内容は幼いかもしれないが、テレビも観るし音楽も聴く

水や砂、風等が体感できる遊びは嬉しいし、口で感触を確かめたい

成人期まで視野に入れると、好きな遊びや余暇を持つことが望まれる

軽度知的障害の児童は、アニメだけでなくバラエティー等の番組を楽しめ、番組選択もできます。高度な内容でなければ、集団でゲーム類をすることも可能です。中等度のお子さんも、特定のキャラクターを気に入ることでテレビを見続けたり、知っている音楽が聴こえてくる番組に関心を向けたりします。重度の子供達は、音が鳴ったり、光が出たり、動きがある玩具へ興味を向ける傾向です。ザラザラ等の触感が得られる玩具も好み、自分のペースで遊べます。

触覚に過敏さをみせない場合は、水、砂、風等の体感遊びを非常に好みます。重度の児童は学齢期以降も体感遊びへ関心を向け、手で触るだけでなく、感覚の鋭い口で確かめようともします。又、体感の種類はプールや砂場だけでなく、強風を受けたり、落ち葉を踏みつけたり、手を繋ぎ走る等が喜ばれる傾向です。

公園遊具の滑り台は遊びやすい反面、面白さが得れなかったり、怖さを感じるお子さんがいます。揺れに合わせて膝を協調させるブランコや、手足の運び位置を考えながらおこなうアスレチック類は、体の動かし方を理解できないことから、遊びが難しい児童もいます。

遊びや余暇は、当事者が人生を歩み上で有意義な時間です。知的能力に障害がある子供達の遊びは、一般と比較して幼いかもしれません。ただし、自分一人で余暇を楽しめることは何よりも代えがたく、養育者・教師・支援者等のサポート者達は24時間付き切りになることはできません。最重度の子供達は、好みの遊びや余暇を見つけづらいですが、乳幼児期より「好きなこと」を探して下さい。

5. 知的障害の概念や社会性

5-1. 軽度な知的障害に該当するケース

文字は読めるけど、内容の読み取りが得意でない

規則は知っているが、正確に沿えない

軽度知的障害の子供達は、平仮名や漢字を含めた文字の読み書きについて、個々の知的能力に応じた学びが可能です。ただし、読み取りの不正確さや、要点を文章にまとめる抽象的な学習は不得意です。計算は、計算の処理が早くないだけでなく、暗算を苦手とするケースがあります。金銭は、硬貨や紙幣に示されている数を、数量として扱うことが難しい場合もあります。

社会的なルールや規則は、文面として読み取れるだけでなく、理解も示せます。ただし、実際にルールが適応される場面に遭遇すると、一般的な子供達よりも判断に不正確さをみせます。又、身に付けた社会性を、状況に応じて使い分けることは難しいです。その他、感情の不安定さや自尊感情の低下から、社会的規範となる行動が乏しいケースもあります。

5-2. 中等度な知的障害に該当するケース

平仮名の読み書きをできる児童がいる

大人から声掛けを受ければ、理解できる範囲で約束事に従える

中等度知的障害児の場合、マッチングの学習を積み重ねて、たどたどしさを残しつつも平仮名が読めたり、模写をおこなえるケースがあります。数は1~10までの数詞を連続して唱えられる児童もいて、物をひとつひとつ数える機会等で有効活用できます。数の大きさを意味する数量概念は、理解困難な児童がいます。その他、移動における信号機の理解や、自宅から学校までの順路、一人での登下校等は、適切な学びを経て習得できるお子さんがいます。

「静かにしましょう」「並びましょう」「走らない」等の簡単な約束事を、どの状況でそうすべきかの判断は難しいです。ただし、大人の言葉を受けて静かにすることや、周囲の様子に倣えることは習得可能です。

6. 関連ページ

サイト内での現在地