埼玉県さいたま市周辺に設立予定
048-507-1009
info@dekideki.jp

自閉症とは 特徴や当事者の思いを知る

自閉症はスペクトラムと呼ばれる「連続体や範囲」で捉えられています

一般には自閉症で知られていますが、現在はアスペルガー症候群等を統合した【自閉スペクトラム症】の名称に変更されています。

該当者の特性としては「コミュニケーション・対人関係の不得意さ」「行動・興味・活動に対する反復や固執等」が挙げられ、特性の強さには個人差があることを理解して頂きたいです。

1. 自閉症の対人関係

1-1. 対人関係の偏りが強いケース

求めている時だけ関わって欲しい

興味のあることや楽しいことでの関わりは嫌いでない

症状が強いケースでは、対人関係のあり方が一般と比べて異なる傾向です。私達の認識として、他者と同じ空間にいる場合は会話等で意図的に関わり、沈黙や会話が噛み合わないことに気まずさを覚えます。ただし、彼らからすると違和感はなく、むしろ不要な会話等を邪魔と感じたり、一人でいる時と変わらない行動を取ります。自ら関わりを求めてくる状況としては、玩具やお菓子が欲しい時の欲求場面、不快と感じる物事(認知の偏りがあるので、一般的には不快とならないことでも不快を感じる)を回避したい場面等です。

手を繋がれてトランポリンに乗ったり、ブランコ遊びで背中を押されることは、当事者が興味を持っていれば受け入れ可能で、肯定的な関わりを持つ機会が得られます。知的に高い児童は、鉄道やゲーム等の興味がある話題を提示することで、対人関係を深める機会となります。子供一人ひとり、興味や関心が異なりますので、その子の好みを探し、量より質の関わりを持つと本人は嬉しいかと思います。

1-2. 対人関係で躓くケースの特徴

友達が怒っているけど理由はわからない

そもそも友達が怒っていることに気付かない

友達と仲良くしたいけど、仲良くできない

症状が弱い場合は、友達等との関係を求めるケースがありつつも、コミュニケーションを含めた対人関係で躓きをみせます。相手の感情や状況理解が分かりづらい特徴を抱えているので、その場にそぐわないことを言ってしまったり、杓子定規な言葉を発してしまいます。又、自分だけが一方的に話し続けたり、偏った内容の会話を続けてしまうこともあります。その他、冗談の理解が難しく、空気が読めないとラベルを貼られたりもします。

対人関係の難しい点は、コミュニケーションに偏りがあっても、相手が受け入れていれば特に問題は起こりません。反対に、些細な偏りでも相手が不快と感じた場合、良好な関係を築くのが困難となります。幼児期の子供達は、友達との関わりで嫌な感情が生じても、仲間外れの状況を作り続けることは多くありません。ただし学齢期以降は、些細な違いに敏感となり、距離を取られたりします。自閉スペクトラム症のお子さんが友人関係を構築・維持するには、違いを気にしない児童達との共存が求められます。

2. 遊びや余暇の特徴

ごっこ遊びって何をすればいいの

同じ遊びをずっと続けることは楽しい

新しいことをしたいと思わないし、むしろ不安になる

幼児期になると子供達は「ごっこ遊び」を始めますが、自閉スペクトラム症の彼らは、その遊びが苦手です。ごっこ遊びは、誰かや何かに成りきる等の想像的な遊びで、具体的な視覚・聴覚情報を得意する彼にとって想像は容易でなく、言葉での会話に問題がない学齢期以降でも簡単ではありません。更に友達を交えたごっこ遊びに発展すると、想像の共有を必要とするので、遊びの難易度がぐっと増します。

大人側の視点として、同じ遊びをずっと続けて「大丈夫?」と思ってしまいますが、本人達によると問題ないとの話です。彼らは特定の物事に興味・関心を持つ傾向で、一般と比べて遊びが偏ります。大人から遊びに幅広さを求められて、受容できる当事者もいますが、退屈・苦痛と感じている場合もあるので注意して下さい。周囲のスタンスとしては、日常生活に支障がない範囲で本人達の選好性を大切にして頂きたいです。

新しいことを始める際や初めての体験では、個人差がありつつも緊張や不安が生じ、ある人は強く不安を覚え、ある人は緊張を楽しめるという特徴があります。自閉スペクトラム症の子供は、物事の捉え方に偏りがある傾向で、例え遊びや余暇であっても、強い不安や緊張を感じる場合があります。新しいことを始める際は、情報等を事前に伝えたり、写真・実物等の手掛かりを提示し、本人が安心できるよう配慮して下さい。

3. 食事場面で見られる偏食等の特徴

僕の食べたい物は限られている

学齢期には偏食が減る傾向

食事を好む大人が多数いる反面、子供の場合は「食事」を好まないケースがあります。まず知って頂きたいこととして、口唇や口腔は非常に過敏な器官で、子供は大人以上に敏感です。舌には味蕾と呼ばれるセンサーがあり、成人期には減少していることが知られています。大人になると苦手な食べ物が減る要因の一つに、この味覚の鈍感さが考えられています。又、子供達の嗜好に視点を向けると、子供は苦味の強い野菜類や酸味のある果物類を苦手とし、甘味のある食べ物を好む傾向にあります。

自閉スペクトラム症の児童が食事を嫌がる要因には、敏感さや味覚の問題だけでなく、食材の色や形や堅さ、食材の混ざり方、食べ物の匂い、使用する食具、食べる場所等が考えられ、強い拒否やこだわりを示すケースがあります。不快なく食べる糸口を探るには、何が好みかを知るだけでなく、何を苦手としているかも把握するべきです。

児童の月齢や年齢が上がるにつれて、本人の嗜好も変化し、今まで食べていた物を拒む場合も当然起こり得ます。自閉スペクトラム症の偏食に関しては学齢期を含めて長期で取り組むことが大切で、少しずつ食べられる食材の幅を広げて下さい。日常的に食べている食品の種類は国々で当然異なり、食べなけらばならない食品の定義はありません。ただし、最低限の栄養摂取と健康状態は配慮して下さい。

4. 自閉症が持つこだわりや興味、感覚の特徴

予定通りにならないと気が済まない

気になる物を目にすると、近寄らずにはいられない

光や音、温度等に過敏さをみせる 「我慢できない」とは違う

人は、知的能力の発達と共に、多様な概念を理解し、行動様式を身に付けます。しかし、自閉スペクトラム症の児童は、獲得した概念や行動様式を柔軟に使用するのが難しい傾向です。座る位置や着替えの順序が普段と異なることで嫌悪となったり、スケジュール変更に不快をみせたり、同じ道順を必ず通ろうとしたりと、どんな行動様式にこだわりを示すかは当事者次第です。

「エレベーターを見ると近寄らずにはいられない」「リモコン見ると触らずにはいられない」等と、何に興味を向けるかは様々ですが、対象となった物へ強い愛着を示し、没頭し続けることがあります。固執は物だけに限定されず、同じ行動を永遠と繰り返す場合や、同じ質問や会話を何度も続けるケースがあります。

聴覚に関して、大きな音全般に不快を示す事例があれば、特定な音のみに過敏さを示すケースもあります。光についても、強い照明を苦痛と感じる場合や、夜のネオン等に過敏さをみせるケースがあります。その他、些細な気温変化に過敏さを示し、居ても立っても居られない状態となる児童がいます。

これらの行動様式等は、自閉スペクトラム症の特徴となる反復や固執、感覚過敏、更に知的能力が関与しており、気にならずにはいられないようです。言語化ができる学齢期の児童達によると「急に予定が変わると落ち着かなくなる」「本当は触りたくて仕方ない」「その音はなんかダメなんだよね」と教えてくれました。一般的には「抑制や我慢をしてもらいたい」と考えますが、これらは当事者達の特性から発生するので、抑制等には限界があります。スケジュール表を示したりの視覚化だけでなく、こだわりを避ける配慮や、過敏さを感じさせない環境に変えて、本人にとって負担のない適応が好ましいです。

5. 関連ページ

サイト内での現在地